Clicky

キリストの弟子

キリストの弟子

 - 愛を試す
クスコ゚ーフテヨ: イエスに従う >> キリストの弟子 3
(キリストの弟子 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

キリストの弟子‐私がほんとうに救われているとどのようにして分かるのですか?
“もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです”(ヨハネ13:35)。“わたしたちは自分が死から命に移ったことを知っています。それは、兄弟を愛しているからです。愛さない者は、死のうちにとどまっているのです”(1ヨハネ3:14)。“私たちが神を愛してその命令を守るなら、このことによって、私たちが神の子どもたちを愛していることがわかります。神を愛することは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません”(1ヨハネ5:2−3)。

弟子たちに与えられた神の命令はなんですか?それは愛です!

“「心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力をつくして、あなたの神である主を愛せよ」次はこれです。「あなたの隣り人をあなた自身のように愛せよ」この二つより大事な命令は、他にありません”(マルコ12:30−31)。“律法全体と洛セ者とが、この二つの戒めにかかっているのです”(マタイ22:40)。

“誰に対しても、何の借りがあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です。他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」という戒め、また他にどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」ということばの中に要約されているからです。愛は隣人に対して害を与えません。それゆえ、愛は律法を全うします”(ローマ13:8−10)。

選択:神の御子イエス・キリストをあなたの救い主として受け入れ、神を愛し、神を第一優先にした人生を歩み、自分の必要だけを満たし満足するのではなく、心から愛をもって他の人々の必要を満たしましょう。神の律法が成就するためです。


キリストの弟子‐全ての人へ警告!
親愛なるキリストの弟子達へ,“「よく聞きなさい、種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、種が道ばたに落ちた。すると、鳥が来て食べてしまった。また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐ芽を出した。しかし日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。また、別の種がいばらの中に落ちた、ところが、いばらが伸びて、それをふさいでしまったので、実を結ばなかった。また、別の種が良い地に落ちた。すると芽ばえ、育って、実を結び、三諸{、六諸{、百倍になった。」”(マルコ4:3−9)。

イエスはおびただしい群集のなかでこの譬えを話された。しかし弟子たちには個人的に説明されたのです:“そして彼らにこう言われた。「このたとえがわからないのですか。そんなことで、いったいどうしてたとえの理解ができましょう。種蒔く人はみことばを蒔くのです。みことばが道ばたに蒔かれるとは、こういう人たちのことです≠ンことばを聞くと、すぐサタンが来て、彼らに蒔かれたみことばを持ち去ってしまうのです。同じように、岩地に蒔かれるとは、こういう人のことです≠ンことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れるが、根が張らないで、ただしばらく続くだけです。それで、みことばのために困難や迫害が起きると、すぐにつまずいてしまいます。もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです≠ンことばを聞いてはいるが、世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望が入り込んで、みことばをふさくので、実を結びません。良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三諸{、六諸{、百倍の実を結ぶ人たちです」”(マルコ4:13−20)。

悪魔は神を信じるあなたの信仰を奪い去ろうと狙い、クリスチャンとして成長するいかなる方法にも限界を定め、救いに疑惑を抱かせようとしています。悪魔は次に挙げる明確な四つの方法を用います:

  • 教義を計画し、そして哲学的に神と神の存在を否定する(例。進化論)。
  • キリスト教を偽善と見せかけ分裂させる。
  • 間違った多くの宗教を提示して無駄な哲学を明示する。
  • “肉の欲望”、“目の欲望”そして“暮らし向きの自慢”で心を掻き乱す。
このように警告して、“あのむなしい、だましごとの哲学によってだれのとりこにもならぬよう、注意しなさい。それは人の言い伝えによるもの、この世の幼稚な教えによるものであって、キリストによるものではありません”(コロサイ2:8)。“庶嚔ヒのことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です”(1コリント1:18)。“わたしの義人は信仰によって生きる。もし、恐れ退くなら、わたしのこころは彼を喜ばない。私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じて命を保つ者です”(へブル10:38−39)。

聖書は、罪びとが読んで悔い改め、信仰のある者を励ますために書かれました。いつも聖書を読むように心掛けましょう!“わたしが神の御子の名を信じているあなたがたに対してこれらのことを書いたのは、あなたがたが永遠のいのちを持っていることを、あなたがたによくわからせるためです”(1ヨハネ5:13)。神は疑惑の暗やみではなく、光を現されたのです!

キリストの弟子 ・レ。シ・ク 4


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


弟子訓練

イエスは全てを支払われた
神の御心を知る
霊の戦い
霊の成長
誘惑と戦う
キリストの弟子
弟子としてのクリスチャン

礼拝
親交
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add キリストの弟子 to My Google!
Add キリストの弟子 to My Yahoo!
XML Feed: キリストの弟子
イエスに従う 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutFollowingJesus.org, 著作権所有.